おすすめのクレジットカードでお得|秘密のカードテク

笑顔のメンズ

割引率の目安

制服の女性

企業では現金だけではなく、手形を使って支払いをすることもあります。手形を活用することで現金を用意できないときに、支払いを先送りすることができます。支払期日が来たら、手形を現金化することができますが、支払期日が来る前に現金化する方法があります。それが、手形割引です。ベンチャー企業や中小企業では、手形ではなく、すぐに現金として受け取りたいということもあります。そういう場合に手形割引を活用することによって、手形を現金に変えて資金にすることができるのです。手形割引をした場合、金融機関や専門業者に割引料を支払う必要があるので注意が必要です。金融機関の割引率を把握しておくと、割引料も把握しやすいです。都市銀行は1.5パーセント~3.0パーセント、普通銀行は2.0パーセント~3.5パーセント、信用金庫は2.5パーセント~4.5パーセントとなります。これはあくまでも目安なので、事前に確認しておくことが大切です。

手形割引は、銀行に依頼して行なうこともできますし、専門業者を利用することもできます。銀行は割引率が低いので、なるべく無駄な費用を支払わずに現金化したい人にはぴったりです。ただ、銀行の場合、担保が必要だったり、手続きに手間がかかったりしてしまいます。それに対して、専門業者は担保不要で現金化することが可能ですし、手続きも裏書や手形取引約定書などを提出するだけで済みます。また、依頼したらすぐに現金化してくれるので、すぐに対応してほしいというときにとても便利なのです。